マイネット・システム設計事務所は、Webシステムを中心に、分析・企画・コンサルティング・運用業務などを行うITの総合設計事務所です。


システムコンサルティング

現在、無料システム相談 を行っております。

基本方針

旧経済産業省が推進してきた「システム監査」ではその活動を、「監査対象から独立かつ客観的立場のシステム監査人が情報システムを総合的に点検及び評価し、 組織体の長に助言及び勧告するとともにフォローアップする。」としています。 そしてその目的をもう少し具体化すると、

  • ・情報システムが、組織体の経営方針及び戦略目標の実現に貢献するため
  • ・情報システムが、組織体の目的を実現するように安全、有効かつ効率的に機能するため
  • ・情報システムが、内部又は外部に報告する情報の信頼性を保つように機能するため
  • ・情報システムが、関連法令、契約又は内部規程等に準拠するようにするため

ということになっています。 一つ一つは概念的で俄かに理解しにくいのですが、弊社は、システムコンサルティングにおいてこの「システム監査」的な考え方で「投資効果的な部分」を最重要な指針として考えています。

例えば企業のシステムの企画において、個別のシステムの最適化だけで考えて他のシステムや業務との連携をおろそかにすることはあまり好ましくありません。 企業全体としての効率化を損ないスムーズな業務の流れを悪くなる可能性がありますし、トータルコストが却って増大することが多いものです。

かといって、システムのリニューアルや新規立ち上げを何年もしないわけにもいきません。 企業を取り巻く環境は凄い勢いで変化し続けており、時代に合った最善の業務とそれをサポートする適切な情報システムなしには他社に致命的な遅れを取ってしまう可能性が高くなります。 過大な投資は許されるはずもない時代において最適な投資効果を得ることのできる情報システムを運用していくことは企業にとって大変重要なことです。

システムの投資効果については経営者ご自身が最もよく理解し納得していただくことです。 弊社はその判断を経営者ご自身で可能になるようなコンサルティングを日々心がけております。 システムの目的をどこに置きそのことで社内をどのように変えたいのかというビジョンがあって初めてシステムの存在意義があります。

システムの導入・運用において最も難しいことは、実はコンピュータの技術やソフトの出来よりも、むしろ利用者のシステムへの理解を得ることです。 システムを導入すると少なからず利用者の業務が変わったりあるいは新しいコンピュータの操作法の習熟が必要になったりして、必ず利用者の負担が一時的にせよ増大します。 この負担や一時的な業務の混乱などについて、いかに利用する人たちの理解を得てスムーズにシステムの導入が運べるかが最も重要なテーマとなります。

これを解決するためには、経営者の強いリーダーシップによる利用者へのシステム利用の動機づけを行っていただく必要があります。 いかに専門の技術屋が開発しシステムを導入しても 利用する人にシステムの目的を理解させそれを十分に利用する態勢ができていなければシステムは投資効果分のものを産み出ししてくれません。

弊社のシステムコンサルティングでは、「システム監査」的視点を背景に企画から開発、導入、運用、保守に亘ってトータルにシステムの投資効果を発揮できるようにコンサルティングを 行うことを基本方針としています。

経営コンサルティングとの切り分け

システムコンサルティングの目的は、前述の通り企業の経営に資する情報システムの企画・開発・運用の助言をすることは前述のとおりですが、システムコンサルティングでは残念ながら 経営そのもののコンサルティングはできません。 通常は経営戦略ができたあとからがシステムコンサルティングの出番となり弊社の本領発揮となります。

お客様にハッキリとした経営方針や戦略に基づいたシステム化の目的があれば速やかに弊社の出番となりますが、そうでない場合はまずお客様(経営者)がまずそのシステム化の 目的を明らかにしてください。 ただしシステム化の目的が新しい経営戦略を必要とした場合、経営者の参画を前提にビジネススピードを上げるために当初から経営コンサルティング(もしくは業務コンサルティング)の 方々と連携をしながら、新しい経営戦略とシステム化目的(この場合目標?)を作る作業を同時に進めていくことも有効です。 うまくいけば手戻りのないスムーズなシステム化がより迅速に 完成することが期待できます。

システムの構築・リニューアル

システムの価値や目的は一昔と比べると画一的でなく、より企業の特色や強みを求められて差別化を進めることが求められています。 どこがいれても同じのようなパッケージシステムの導入もまだありますが、差別化を目的としたシステムの導入が多くなった昨今ではこれまでのように「事務器のディーラーさん」や ソフト開発一辺倒でやってきた「設計図通りのプログラムのみ開発屋」さんの手を余していると思います。

例えば個々のシステムにおけるデータは、個々のシステムだけで利用されるだけでなく他のシステム(組織や社員関連のマスタデータを考えれば一目瞭然)で利用されるケースがむしろ 一般的です。 システムの連携や統合性などは企業全体のシステムを俯瞰して導入しなければ、企業全体の業務の流れを阻害するだけでなくトータルコストを増大する可能性が高く なります。 個々の社員が高い情報リテラシーを持っていても利用できる企業データが少なければ企業にとってかなりの損失です。 トータルコストパフォーマンスをよく知っているシステム屋は、バランスのいいEUC(情報リテラシーの高い社員が自由にデータ加工ができるしくみ)を設計することができます。 「事務器のディーラーさん」や「設計図通りのプログラムのみ開発屋」さんには、こういう設計はなかなかできません。 個々のシステム導入でもTOCを十分考えて導入する必要が あると思います。

さらに、最近のシステムでは「利便性」と「セキュリティ」の相反するバランスをも考慮しなければなりません。 この辺の判断に正解はなく、それこそ導入するお客様自身による「セキュリティに関する基本方針」を確立してからの判断になりますが、日々進化するIT技術の中で最適な落とし所を 見つけることは簡単なことではありません。 新しい技術を常にウォッチングし研究している適切な助言や提案のできるシステム屋が必須でしょう。

また、リニューアルのできるシステム屋さんはそれほど多くはありません。 既存のシステムを動作させながら、新システムへスムーズに移行できなければなりせん。 新旧並行稼働時のデータ変換や検証は結構大変なことです。 むしろ完全新規よりも大変な作業と なります。 手慣れた旧システムからの移行には、コストをかけた分の大いなる効果が期待されているわけで当然現行業務の変更が伴います。 利用者の負担増にも十分な理解を得ながら大胆な 発想転換も求められます。 システム屋の腕の見せどころです。 十分な経験と知識、それに達成に向けての熱い気持ちが必要となります。

このように、システム構築やリニューアルを直接に引き受けられるシステム屋は、 「システム設計事務所」を自称する弊社のようなシステム設計の力と、「システム監査」的視点をもった投資効果を強く意識したビジョンを持った、言わばシステムミニゼネコン的な 力を持った技術屋集団でなければ、十分な投資効果を持ったシステムの導入が期待できないと思います。 ましてや子請け孫請けに丸投げする業者さんにだけはお願いしないでください。 お客様におかれましては、くれぐれもこのシステム屋の違いをシッカリ把握していただいてシステムの構築やリニューアルを依頼する企業をお選びください。

システムの運用設計・サポート

お客様が自らの手でシステムを運用してコストを減少させておられるところは少なくありません。 導入しているシステムが単純であった一昔であれば当たり前でした。 しかし、システムの複雑化と多重化、便利性と相反して増大するセキュリティ保持の困難性、あるいは日進月歩による新規技術により、お客様自身が独力でシステム運用を続けていくことは 非常にリスクの高いものになって来ています。

専門性を持った要員を置くことの不利を感じてアウトソーシング化されるのも一つの方法です。 弊社はシステム運用のアウトソーシングもお受けいたします。 しかし、やはり業務の性質上自社環境内で運用することがベターだとお考えのお客様に対しては、弊社のスタッフが昨今の技術動向を踏まえた適切なシステム運用をご提案します。

まだまだ社内LAN環境が単純なピアツーピアによるファイル共有やWorkGroupによるファイル共有レベルで運用を行っているケースが多いようです。 あるいは個人のパソコンにしか データがなくて本人がいないとそのデータへのアクセスもできないようなケースもあります。 それとは反対に便利だということでやたらに無線LANでパソコンを接続しセキュリティ丸裸という環境が、弊社のネットワーク監視ソフトからもいくつも見えています。 ウィルス対策ソフトのないパソコン環境も未だにあるようです。 これらの危険な運用はぜひともお止めいただきまずは弊社にご相談ください。

パソコンは一人に1台が当たり前になりましたが、社員の分を数年おきに新品に取り換えるのも馬鹿になりません。 しかし1台20万円以上するようなパソコンが必要な社員が今の時代に 何人おられるでしょうか? パソコンは一桁代のもので十分なハズです。ただしもちろん最低限のリスクは回避しなければなりません。 保守契約はやはりいるのでしょうか? これだけ安くなれば4,5年での減価償却や年数固定のリースを見直す必要もあるかもしれません。

仮想技術が進歩していてサーバー類の導入方法も大きく変わって来ています。 4,5年おきに行っていた定期的な大規模なリプレースも見直す時期に来ています。 シンクライアントによるクライアントの導入もさることながら仮想クライアントの導入も現実帯びてきました。 長く浸透してきた従来のコンピュータ導入法も今大きく変わろうとしているのです。 これら新しい仮想技術を取り入れた先進のユーザーさんと従来の運用方法を続けるユーザーさんの間に大きな格差が生まれつつあります。 今、セキュリティの確保とコストの圧縮、 リプレースに伴う時間とリスクの削減など様々な要素を総合的に考慮すると、この仮想技術を前提とした新しい運用に真剣に取り組むことはお客様のシステム部門において、 最重要課題の一つかもしれません。

弊社では、システムの運用に関するコンサルティングとサポートを事業の一つの柱として大変重要な課題として取り組んでいきます。 ぜひお気軽にご相談ください。

ご依頼フォームへ

マイネット・システム設計事務所は、Webシステムを中心に、分析・企画・コンサルティング・運用業務などを行うITの総合設計事務所です。